プロフィール

二胡演奏の革新

許 可(シュイ・クゥ)が二胡の技術革新と異文化交流に果たしてきた役割

二胡演奏の革新中国の民族楽器であった二胡は、いまや独特な個性と普遍性を備えた楽器として、世界のステージで西洋楽器にひけを取らない高い地位を獲得している。

これは国立中国中央音楽学院出身の中国の代表的二胡奏者、許可の卓抜した演奏技術とたゆまぬ楽器の研究、それに西洋音楽やジャズなど幅広い音楽研究から得た国際的な感覚によるところが大きい。

88年日本に移住以来、世界各地の作曲家に作品を委嘱するとともに、自身も多くの作曲とアレンジを行い、二胡のレパートリーの拡大に貢献した。二胡の演奏技術面においても、許可の果たした役割は大きい。

例えば、重音奏法を編みだすことで単旋律楽器に止まっていた二胡の歴史を大きく書きかえ、音域を4オクターブ以上にまで広げ、難度の高い曲目の音域問題を解決した。

また、粒の揃ったプレスティッシモや速いスタッカート、明晰かつ明るいハーモニクス等、これまでの二胡奏者では考えられなかったテクニックを身につけることにより、この楽器の可能性を大きく広げた

。許可による演奏テクニックの革新については、 CBSテレビ(米国)、CBCテレビ(カナダ)、ドイツラジオ放送、NHKテレビをはじめ、フジテレビ「MUSIC FAIR」、テレビ朝日「徹子の部屋」、「題名のない音楽会」、「新題名のない音楽会」、テレビ東京「タモリの音楽は世界だ」、日本テレビ、NHK FM、 TBSラジオ、ニッポン放送等、中国本土のみならず世界各地マスコミからその優れたテクニックと独特の風格が高く評価されている。

レパートリーは幅広く、中国伝統音楽、中国現代音楽、クラシックのヴァイオリン曲のみならず、前田憲男、羽田健太郎、渡辺香津美、服部克久、宮川泰等ポップス界のトップクラス・アーチストとも共演している。

優れたテクニックとステージでの独特の風格とパフォーマンスにより、 許可はいまや多くのファンを獲得しており、日本と中国と世界をつなぐ『二胡親善大使』としての彼の役割は、今後ますます期待されている。

▲ページトップへ
Copyright © 2003-08 Xu Arts Production Co. All Rights Reserved.