プロフィール

略歴

許可(シュイ・クゥ)

中国・南京生まれ。1982年、国立中央音楽学院卒業、翌年、国立中央民族楽団の首席二胡奏者(コンサートマスター)に就任するなど早くから第一線で活躍、クラシックやジャズの奏法も研究し、楽器に独自の改良を加えるなど、二胡の可能性を飛躍的に拡げた二胡演奏の第一人者。ジャンルを超えた世界的アーティストとしての地位を確立している。アジア地域、ヨーロッパ各国、アメリカなど世界各地へ頻繁に招かれ、カーネギーホール、ベルリン・フィルハーモニーなど世界の著名なホールでのリサイタルやオーケストラとの共演を成功させている。日本では、指揮者/作曲家・外山雄三氏より作品の献呈を受け初演 するなどオーケストラとの共演も多く、これまで日フィル、東響、東フィル、新日フィル、東京シティ・フィル、名フィル、仙台フィル、神奈川フィル等と共演。また、人気歌手ユーミンとの共演で愛知万博やNHK紅白歌合戦に出演するなどユニークな活動も多い。フジテレビ「ミュージックフェア」、テレビ朝日「徹子の部屋」「題名のない 音楽会」、テレビ東京「タモリの音楽は世界だ」等々、日本のテレビ番組にも頻繁に登場し、明るく親しみやすいキャラクターが人気を呼んでいる。

近年の活躍としては、01年、「シルクロード・プロジェクト」のメンバーとしてアジア・ツアーに参加、ヨーヨー・マとの二重奏は台湾国営テレビで放送される。08年には、ベルリン・フィルハーモニー主催の室内楽シリーズで、ベルリン・フィル弦楽五重奏団と共演、同五重奏団の日本公演にもソリストとして参加。11年、北京と上海にて、ベルリン・フィル弦楽五重奏団と再度共演。ベルリン・フィル音楽監督のサイモン・ラトル氏にも絶賛される。12年より上海ジャズ・フェスティバルの音楽監督に就任、超絶技巧ヴァイオリンの鬼才ロビー・ラカトッシュと共演。14年、ベルリン・コンチェルトハウスにて、再びベルリン・フィル弦楽五重奏団をバックに「シルクロード音楽の旅」をテーマに、ドイツで初の二胡リサイタルを行う。12月にはベルリン放送交響楽団と二胡では世界初のレコーディングを行い、同楽団とドイツ放送局から全面的な支援を受けて発売したCD『許可/二胡&ベルリン放送交響楽団~超絶技巧〈ツィゴイネルワイゼン〉』は全ドイツへ向けて放送されている。15年9月、「フォーカス・オン・チャイナ」と題したルクセンブルク国際音楽祭40周年際では、再び許可とベルリン・フィル弦楽五重奏団が共演。16年2月、東急文化村オーチャードホールにて、テレビ朝日主催「徹子の部屋」クラシック・コンサートにソリストとして東フィルと共演。5月、銀座ヤマハホールにて、ベルリン・フィル弦楽五重奏団との共演。9月には、ベルリン・フィル主催により、8年ぶりにベルリン・フィルホールにて、ランチコンサートを成功させた。17年4月、ベルリン・ドイツ交響楽団とのレコーディングでは、許可自身の二胡とオーケストラのためのオリジナル作品をはじめ、中国を代表する現代作曲家、陳怡、楊勇、周龍への委嘱作品を世界初録音、伝統音楽の神髄と現代音楽による、これまでにない新しい中国音楽のサウンドを作り出した。11月、大阪にて再びチェコ・フィルハーモニー八重奏団と共演、新しいアルバム神弓妙韻「風韻」~許可/二胡とベルリン・ドイツ交響楽団~世界初発売記念コンサートを開く。18年3月19日夜9時、NHKテレビBSプレミアムにて、「スーパープレミアムドキュメンタリードラマ蘇る太陽の塔“閉塞する日本人”へのメッセージ」番組の音楽担当。5月19日、NHK BSスーパープレミアムドキュメンタリードラマ「蘇る太陽の塔“閉塞する日本人”へのメッセージ」サウンド・トラックとして、「黄沙古道~大地の詩(うた)」新しいCDをXUAレコードより世界発売されました。許可の二胡が、ヨーロッパにおいて新しい弦楽器として迎えられることが期待されている。

すでに32枚を超えるCD(クリスタルディスク一枚含む)や2枚のDVDをリリース。国内では東京・名古屋・大阪にて許可二胡塾を開校し、指導者としても多忙を極めている。現在、日本と欧米を中心に活躍しながら、中国国立中央音楽学院客員教授、上海音楽学院客員教授も務め、14年8月より、中国以外の世界の大学で初めて二胡専攻科を設けた洗足学園音楽大学の客員教授も務めている。

 

▲ページトップへ
Copyright © 2003-08 Xu Arts Production Co. All Rights Reserved.